フローリングを保護してくれいつまでも美しい状態を保ちたい、傷んだ床をぴかぴかにしたいという場合はフロアコーティングがおすすめです。


ただ、床の種類によって注意が必要です。



床暖房の機能がついている床でもフロアコーティングをすることはできます。

ただ、その場合には耐熱性のある塗料選びが必要です。

やわらかい材質の床はフロアコーディングができない場合もあります。ただ、その基準は業者ごとに異なるので、断られてもあきらめず何社か相談してみるようにしましょう。

千葉のフロアコーティングの情報が必ずあります。

床に傷がある場合はその上からフロアコーティングしてしまうと、その後の補修が困難です。まずは傷の補修から行ないましょう。

真剣に教えて!gooサイトを今すぐ確認してみましょう。

中古マンションの場合、ワックスが何重にも塗り重ねている床がありますが、その場合はまずワックスを落とす作業からはじめるので追加料金が必要となってきます。

すでにコーティング剤が塗ってある床の場合もまずは塗ってあるものを落とす作業からはじめる必要がありますが、ワックス以上にはがすのが大変ですし、フローリング自体にキズをつけてしまう可能性も高いので、コーティングを断られるケースも多いです。

業者によって判断基準は異なりますし、扱うコーティング剤の数や種類、技術レベルも異なります。


それによって耐久年数や費用にも差が出てきます。

信頼できる業者探しをして、それらの業者で細かい見積りを取って相場を知るようにしましょう。長年使うものなので、妥協せずに選ぶようにしましょう。

 
Copyright (C) 2015 フロアコーティングについて All Rights Reserved.