床をいつまでも美しく保ちたい思ったらまず思い浮かべるのはフロアコーティングでしょう。

フロアコーティングと言ってもその主成分により耐久性や仕上がりも様々で、大きく分けるとその種類は有機系コーティングと無機系コーティングの2つに分けられます。



有機系コーティングは有機物(主にウレタン)を主成分とした塗料を使用しており、その耐久性は主成分のウレタン含有量によって2年から10年ぐらいと言われております。


一般的に使用されているのは業務用のワックスであり耐久性は2年程度ですので定期的な塗り替えが必要になります。
材料価格は1kgあたり1000円~2000円程度ですので比較的安価で購入することができます。
そして有機系コーティングの中で一番耐久性が高いのはウレタンハードコーティングでその耐久性は10年程度と言われております。

フロアコーティング情報サイトです。

業務用ワックスに比べて汚れが付着しにくく耐薬品性があります。

材料価格は1kgあたり3000円~5000円程度で耐用年数を考えると安価で購入できます。

しかしその施工は難易度が高いので熟練の技術が必要です。


無機系フロアコーティングはガラス素材を含有しており、薄く硬い塗膜で高耐久性を発揮するのが特徴で変色や劣化を抑制することができます。耐用年数はその薄い塗膜でも一般的に20年以上と言われておりますがメーカーによってその年数の表示は様々です。

オンリーワンの産経ニュースは無限の可能性に満ちあふれています。

材料価格はその高耐久性が故に1kgあたり50000円以上しますが塗膜が薄く施工できるので単位面積当たりの使用量は少なくなります。


有機系コーティングも無機系コーティングも熟練の作業員の技術が必要ですので工事会社に問い合わせて比較してみると良いでしょう。


 
Copyright (C) 2015 フロアコーティングについて All Rights Reserved.